アーキペラーゴの家は、立地条件により、
在来工法やツーバイ工法に対応しております。
設計段階から構造技術の専門家を交え、頑丈で地震に強い耐震性、
耐久性に優れた住まいをご提案いたします。

地震に強い「2×6工法」と「在来工法4.0寸柱(ハイブリッド)」の家づくり

綿密な地盤調査、信頼性の高いフルベース基礎構造とともに、外気に接する部位には 「4.0寸柱や2×6材」、など構造を支える素材に至るまで、強度や耐久性を考慮しております。(建築地の諸条件やお客様のご要望によって、「2つの工法」をご用意しております。)

 

住宅性能評価基準の耐震性能をハイレベルでクリアしています

例えば、ツーバイ工法(2×6)の場合、床・壁・屋根の6面を1単位とする〈モノコック構造〉は強度に優れ、そのコンセプトはスペースシャトルや新幹線にも応用されています。
大型耐震ベースとして2×4工法の1.5倍の壁厚で、壁の曲げ応力に対する強さは2×4の「約2.5倍」の強度です。
北欧・北米の厳しい建築基準にかなった堅牢な駆体が、永年にわたり際だった耐震・耐久性能を実現します。(※屋根は2×8・ツーバイエイト構造。)

外圧を分散するダイヤフラム6面体構造

〈モノコック構造〉の6面体は強い剛性をもつ面材と枠組材を一体化させた「ダイヤフラム」という立体盤面を形づくります。
こうして形成された水平・垂直両方向のダイヤフラムによって、外部から加わる力をお互いに吸収・分散し支え合うことにより、きわめて堅牢で外圧に強い構造性能を発揮します。

 

フルベース基礎でシロアリから土台を守ります

厚さ150mmの鉄筋コンクリートで床下全面を覆う〈フルベース基礎〉により、強固で信頼性の高い基礎構造を造ります。基礎全体が一体化した盤面を形成し、床下の「通気」を確保する独自の防湿・防結露技術基礎で、シロアリの侵入・繁殖を許しません。また、環境や地盤特性にも配慮し、2種類の工事規格をご用意しています。軟弱地盤には加重負担を基礎全面で地中に伝える〈ベタ基礎〉を、高低差のある敷地には〈布基礎〉で、対応します。